他の調理食品のその他の消費支出

年次|月次日次

2019年2月  ××円/1世帯あたり

品目定義

ただし、中身の主成分が魚介である缶詰及び瓶詰は「魚介の缶詰」に格付する。加工賃も含む。肉のつくだ煮、いなごのつくだ煮、焼肉、焼豚、ローストチキン、焼フランクフルト、魚の照り焼き、さんまのかば焼き、えびの鬼がら焼、たいのはま焼、やきはまぐり、煮豆、きんぴら、おから煮、ひじきの煮物、酢れんこん、折詰料理、調理食品の詰合せ、おせち料理詰合せ、レトルト食品、チルド食品、ごま豆腐、卵豆腐、釜めしの素、五目ずしの素、茶わん蒸しの素、玉子焼、田楽、メンチボール、ロールキャベツ、粉末ベビーフード(魚と野菜のフレークなど)、魚介・肉・野菜との混合缶詰、調理食品の缶詰(シチュー、カレー、コー

他の調理食品のその他 - 年次推移



※このグラフはサンプルです。
金額前年比金額前年比
1990年××-2005年××××
1991年××××2006年××××
1992年××××2007年××××
1993年××××2008年××××
1994年××××2009年××××
1995年××××2010年××××
1996年××××2011年××××
1997年××××2012年××××
1998年××××2013年××××
1999年××××2014年××××
2000年××××2015年××××
2001年××××2016年30,423-
2002年××××2017年30,884101.5
2003年××××2018年××××
2004年××××

分類の変更履歴


変更前 変更後
2000年 加工賃
他の調理食品のその他
他の調理食品のその他
2005年 調理食品の缶詰
他の調理食品のその他
他の調理食品のその他

他の調理食品 - 構成比



※このグラフはサンプルです。
2016年比率2017年比率2018年比率
うなぎのかば焼き2,6193.8××××××××
サラダ4,5346.6××××××××
コロッケ1,9962.9××××××××
カツレツ1,8622.7××××××××
天ぷら・フライ10,49315.2××××××××
しゅうまい1,0361.5××××××××
ぎょうざ2,1943.2××××××××
やきとり2,2483.3××××××××
ハンバーグ1,1741.7××××××××
冷凍調理食品7,00410.2××××××××
そうざい材料セット3,2384.7××××××××
他の調理食品のその他30,42344.2××××××××
合計68,821100××××××××

他の調理食品のその他 - 世帯主年齢別



※このグラフはサンプルです。
世帯主年齢2016年2017年2018年
29歳以下19,48920,751××
30~39歳22,22222,161××
40~49歳26,59525,872××
50~59歳32,24032,906××
60~69歳33,42033,342××
70歳以上32,86334,256××

他の調理食品のその他 - 上位、下位5都市



※このグラフはサンプルです。
2016年2017年2018年
京都市44,697福井市40,847福井市××
大阪市38,366東京都区部39,288大津市××
東京都区部37,872大津市38,183東京都区部××
福井市37,145甲府市36,954富山市××
那覇市35,736那覇市36,616広島市××
全国平均30,423全国平均30,884全国平均××
鹿児島市24,315北九州市25,525大分市××
北九州市23,969高松市24,901和歌山市××
福岡市23,612鹿児島市23,834熊本市××
大分市23,098大分市22,922鹿児島市××
札幌市22,920札幌市21,824札幌市××

出典:「家計調査結果」(総務省統計局)を加工し作成