すきやき・しゃぶしゃぶ専門店

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年│2020年

2020年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

当該専門店は、和牛を訴求した高級店で接待や法事等フォーマルシーンでの利用が主体であったが、1990年代に米国産牛肉の輸入自由化により大衆店が増加し、市場が拡大した。
2008年のリーマンショックによる景気低迷期に市場は落ち込んだが、上位企業の旺盛な出店と食べ放題スタイルによるファミリー需要の増加から成長が続いている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、すきやき・しゃぶしゃぶ専門店の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
木曽路××××
レインズインターナショナル××××
すかいらーくレストランツ××××
物語コーポレーション××××
クリエイト・レストランツ××××
アークミール××××
人形町今半××××
ワン・ダイニング××××
しゃぶ禅××××
ワンダーテーブル××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、すきやき・しゃぶしゃぶ専門店の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2020/2019年)
83.1 % ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
-1.9 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2024年)
2.0 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2024年)
5.0 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2020 No.2」2020年5月22日刊

Mpac掲載:2021/4/20