牛丼チェーン店

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年│2020年

2020年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

当該市場は牛丼を安く、早く提供するサービスが支持され、男性層を中心に日常食としての需要を獲得し、上位チェーンを中心に競争が激化したことで市場が活性化され、拡大してきた。
2019年は、主要チェーンにおいてメニューラインナップの強化や値頃感のある価格設定をした限定メニューの投入等のメニュー施策に加え、キャッシュレス還元キャンペーン等の販促施策により、各チェーン消費税増税を見据えた値上げを行ったにも関わらず好調な売れ行きを見せ、市場は拡大した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、牛丼チェーン店の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
すき家本部××××
吉野家××××
松屋フーズ××××
なか卯××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、牛丼チェーン店の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★★★☆☆
前年比
(2020/2019年)
103.9 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
3.6 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2024年)
1.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2024年)
0.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2020 No.1」2020年4月20日刊

Mpac掲載:2021/3/19