ラーメンチェーン店

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年│2020年

2020年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

当該市場は、1990年代地域ごとに特徴のあるご当地ラーメンブームの到来に加え、新興勢力として「幸楽苑」「日高屋」「らあめん花月嵐」等チェーンの台頭等によって市場拡大が続いた。
2000年代は、2008年のリーマンショック後の景気後退により、低価格なハンバーガーや牛丼等への需要シフトや、2011年に発生した東日本大震災の影響を受け市場は縮小傾向を辿ったが、「日高屋」「丸源ラーメン」「博多一風堂」等上位チェーンが新規出店を積極的に行い、2013年以降市場は拡大傾向を辿った。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ラーメンチェーン店の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ハイデイ日高××××
幸楽苑××××
物語コーポレーション××××
一蘭××××
来来亭××××
天下一品グループ××××
力の源カンパニー××××
丸千代山岡家××××
グロービート・ジャパン××××
スガキコシステムズ××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ラーメンチェーン店の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★★★☆☆
前年比
(2020/2019年)
100.7 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
0.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2024年)
0.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2024年)
0.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2020 No.1」2020年4月20日刊

Mpac掲載:2021/3/19