豆板醤

2006年2007年2008年2009年2010年
2011年2012年2013年2014年2015年
2016年│2017年

2017年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2014年××
2015年××××
2016年××××
2017年(見)××××
2018年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

豆板醤は、空豆を主原料に大豆、米、大豆油、ごま油、塩、香辛料、唐辛子等を加えた発酵調味料を対象とする。
2015年は、家庭内調理機会の減少に伴い使用方法の分からない消費者が増加した他、使用回数が少ない為に使い切れない点を懸念する消費者も増加し、価格改定や消費税増税の影響等もあり、市場は前年並みで推移した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、豆板醤の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ユウキ食品××××
エスビー食品××××
大栄貿易公司××××
味の素××××
キッコーマン食品××××
富士食品工業××××
その他××××
合計××100

2017年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、豆板醤の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2017年)
××億円 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2017/2016年)
102.9 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2014-2017年)
1.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2014-2022年)
1.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2017-2022年)
1.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2018年 食品マーケティング便覧 No.4」2017年12月22日刊

Mpac掲載:2018/11/20