ファンデーション

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年│2015年│2016年
2017年

2015年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2012年××
2013年××××
2014年××××
2015年(見)××××
2016年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2017年)

ファンデーションは、皮膚の表面的欠点(シミ、ソバカス、凹凸)をカバーし、肌を美しく見せるために使用する肌色の化粧料である。
2014年は、透明感、血色のよい肌、ツヤのある肌などに導く訴求や化粧持ちをアップさせるなどの訴求商品や、立体感や肌の明るさを出すなど使用アイテムの広がりが見られ、また、カウンセリングブランドを中心にテクニックがなくても高い仕上がりを実現できるなどツールによる差別化が図られ、需要の掘り起こしが進み、市場は大きく拡大した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ファンデーションの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
資生堂(含むインターナショナル)××××
カネボウ化粧品××××
花王 プレステージ化粧品××××
コーセー××××
P&Gマックスファクター××××
資生堂フィティット××××
アルビオン××××
カネボウコスメット××××
ポーラ××××
日本ロレアル ロレアルリュクス事業本部××××
その他××××
合計××100

2015年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ファンデーションの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2015年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2015/2014年)
100.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2012-2015年)
1.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2012-2017年)
0.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2015-2017年)
0.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「化粧品マーケティング要覧 2015 No.3」2015年6月17日刊

Mpac掲載:2015/11/20