洗顔料(化粧品系)

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年│2019年│2020年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2021年)

本項は、皮膚表面の洗浄を目的とし、石鹸の持つ洗浄力に加え、皮膚の保護機能、毛穴の汚れを除去する効果を併せ持つ顔専用の洗浄料の中で化粧品系を対象とする。
2017年は、国内企業の最高級ブランドが国内需要に加えてインバウンド需要を取り込む動きが見られ、洗顔料はブランド内でも安価であることからエントリー商材として需要を取り込み、市場の拡大に大きく寄与した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、洗顔料(化粧品系)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
資生堂××××
ファンケル××××
コーセー××××
カネボウ化粧品××××
ディーエイチシー××××
P&Gプレステージ××××
日本アムウェイ××××
ポーラ××××
ザ・プロアクティブカンパニー××××
花王 プレステージ化粧品××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、洗顔料(化粧品系)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
100.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
2.0 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2021年)
2.0 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2021年)
2.1 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「化粧品マーケティング要覧 2019 No.1」2019年3月28日刊

Mpac掲載:2020/2/20