カフェバー・ショットバー

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年│2015年│2016年
2017年2018年2019年

2015年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2012年××
2013年××××
2014年××××
2015年(見)××××
2016年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2019年)

当該市場は、戦後の洋酒ブームから1960年代に人気を博したウィスキーバーである「トリスバー」、1980年代にアルコールやケーキ、コーヒー等を提供し若者を中心に人気を博した“カフェバー”、1980年代後半に映画“ハスラー”の影響によって起きたビリヤードブームで一世を風靡した“プールバー”、ワインブームの中で台頭した“ワインバー”等時代と共に変遷を遂げてきたが、バブル経済が崩壊した1990年頃からは若者のアルコール離れもあり、市場は縮小傾向で推移している。
2014年は、固定客が中心であることから消費増税の影響は殆ど見られなかった他、ハイボールやウィスキー人気の高まりにより女性を中心にライトなユーザーが増加したものの、固定客の減少には歯止めがかからず、減少幅はやや小幅となったが、市場はマイナスで推移した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、カフェバー・ショットバーの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ダイナック××××
アズザクロウフライ××××
ダイワエクシード××××
その他××××
合計××100

2015年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、カフェバー・ショットバーの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2015年)
××億円 ★★★★★★★★★☆
前年比
(2015/2014年)
98.2 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2012-2015年)
-1.8 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2012-2019年)
-1.8 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2015-2019年)
-1.9 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2015 No.1」2015年7月21日刊

Mpac掲載:2016/1/20