パック

2007年│2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年2020年

2007年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2004年××
2005年××××
2006年××××
2007年(見)××××
2008年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2009年)

パックは皮膚の疲労回復や角質を除去するのために、集中ケア方式で使用される化粧料である。
当該商品の種類と販売構成比は、クリームやジェルタイプのパック剤を肌に直接塗り一定時間経過後に洗い流すウォッシュオフパックが31%、クリーム、ジェル状のパック剤を肌に直接塗り乾燥後に擦り落とすピールオフパックが24%、パック剤を不織布に塗布し肌に直接貼るシートパックが45%である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、パックの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
資生堂(含むインターナショナル)××××
P&Gマックスファクター××××
コーセーコスメポート××××
オルビス××××
コーセー××××
ディーエイチシー××××
ポーラ化粧品本舗××××
カネボウ化粧品××××
アルビオン××××
再春館製薬所××××
その他××××
合計××100

2007年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、パックの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2007年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2007/2006年)
99.7 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2004-2007年)
0.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2004-2009年)
0.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2007-2009年)
-0.1 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「化粧品マーケティング要覧 2007 No.1」2007年3月26日刊

Mpac掲載:2008/9/15