かに料理専門店

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年│2020年

2020年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

かに料理専門店は、1960年代に調達ルートを確立したかに道楽が全国展開したことで市場の本格的な形成が始まった。
その後、高級食材としての認知度が広まり、市場は拡大の一途を辿ったが、居酒屋等他業態でかに料理が低価格で提供されるようになると、専門業態としての優位性が揺らぎ、需要の流出を招いた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、かに料理専門店の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
かに道楽××××
甲羅××××
札幌かに本家××××
イサン××××
五苑マルシン××××
梅の花××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、かに料理専門店の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2020/2019年)
70.3 % ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
-12.4 % ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2024年)
-2.4 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2024年)
5.9 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2020 No.2」2020年5月22日刊

Mpac掲載:2021/4/20