オムレツ・オムライスレストラン

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年2020年│2021年

2021年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

当該市場は、2000年代前半迄はポムフードがFC展開による出店を進めた事等から拡大推移を辿ってきたが、同年代後半からは「おむらいす亭」を展開するオーズ・インターナショナルの倒産や上位企業が不採算店舗の閉店を進めた事に加え、2008年のリーマンショック後の景気後退も重なり、縮小に転じた。
2013年は、景気回復を背景にポムフード、ベビーフェイスが出店を進める事で全体をけん引し、プラスが続いたが、2016年以降はポムフードによる不採算店舗の閉鎖や市場外業態の開発への注力、又ベビーフェイスの大型FCの倒産等で、再び市場は減少推移となった。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、オムレツ・オムライスレストランの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ポムフード××××
ベビーフェイス××××
ラケル××××
日本レストランシステム××××
ジー・テイスト××××
TGK××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、オムレツ・オムライスレストランの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
104.9 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
-5.1 % ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018-2025年)
-3.0 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2021-2025年)
-1.4 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2021 No.2」2021年6月10日刊

Mpac掲載:2022/5/20