ステーキ・ハンバーグファミリーレストラン

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年│2015年│2016年
2017年2018年2019年

2015年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2012年××
2013年××××
2014年××××
2015年(見)××××
2016年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2019年)

ステーキ・ハンバーグファミリーレストラン(FR)は、O-157やBSE問題が発生するたびに需要が落ち込んだが、上位チェーンを中心に安全性訴求や商品力向上により、市場は成長した。
リーマンショックの影響で2009年に市場は縮小したが、ステーキ、ハンバーグの価格にサラダバーを組み込んだエムグラントフードサービス「けん」のヒットを受け、同チェーンの販売スタイルを採り入れたすかいらーく「ステーキガスト」、ロイヤルホスト「カウボーイ家族」などの新規参入が相次ぎ、2010年以降市場は拡大に転じた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ステーキ・ハンバーグファミリーレストランの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
アレフ××××
ビッグボーイジャパン××××
すかいらーくレストランツ「ステーキガスト」××××
アトム××××
ブロンコビリー××××
エムグラントフードサービス××××
どん「ステーキのどん」××××
フライングガーデン××××
どん「フォルクス」××××
万世××××
その他××××
合計××100

2015年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ステーキ・ハンバーグファミリーレストランの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2015年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2015/2014年)
102.8 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2012-2015年)
2.2 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2012-2019年)
1.7 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2015-2019年)
1.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2015 No.2」2015年8月25日刊

Mpac掲載:2016/1/20