ステーキ・ハンバーグファミリーレストラン

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年│2014年│2015年2016年
2017年2018年2019年

2014年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2011年××
2012年××××
2013年××××
2014年(見)××××
2015年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2018年)

ステーキ・ハンバーグファミリーレストラン(FR)は、1970年に「ステーキハウスフォルクス」が多店舗化を進めたことで市場が形成された。
当該市場は、0-157やBSE問題といった牛肉に関わる事件が発生する度に消費者の需要が冷え込み、一時的に市場が大きく落ち込む事態にも見舞われてきたが、上位チェーンを中心とした安全訴求や商品力の向上が需要の回復に貢献し、2000年代以降の市場は店舗数の拡大と共に増加推移を維持してきた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ステーキ・ハンバーグファミリーレストランの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
アレフ××××
ビッグボーイジャパン××××
すかいらーくレストランツ「ステーキガスト」××××
アトム××××
ブロンコビリー××××
エムグラントフードサービス××××
どん「ステーキのどん」××××
フライングガーデン××××
どん「フォルクス」××××
万世××××
その他××××
合計××100

2014年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ステーキ・ハンバーグファミリーレストランの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2014年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2014/2013年)
101.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2011-2014年)
1.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2011-2018年)
1.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2014-2018年)
1.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2014 No.2」2014年7月28日刊

Mpac掲載:2014/12/19