和風ファミリーレストラン

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年│2013年│2014年2015年2016年
2017年2018年2019年2020年2021年2022年

2013年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2010年××
2011年××××
2012年××××
2013年(見)××××
2014年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2017年)

和風ファミリーレストラン(FR)は、すしや天ぷら、そば・うどんといった和食メニューを主力とするFR業態であり、標準型FRや低価格型FR、高価格型FRといった洋食メニューが中心のFR業態に飽きた消費者や、和食志向が強い高齢者層の需要を獲得してきた。
2008年以降は、すかいらーくが「夢庵」の不振店の閉鎖と業態転換を行い、店舗数が急減する事態を来たし、同年秋のリーマンショックによる景況感悪化によって、他の上位チェーンでも既存店の低迷に歯止めが掛からなくなったため、市場の縮小が続いた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、和風ファミリーレストランの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
サトレストランシステムズ××××
とんでん××××
華屋与兵衛××××
すかいらーく「夢庵」××××
キンレイ××××
すかいらーく「藍屋」××××
カルラ××××
坂東太郎××××
テンアライド××××
南部家敷××××
その他××××
合計××100

2013年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、和風ファミリーレストランの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2013年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2013/2012年)
101.7 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2010-2013年)
0.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2010-2017年)
0.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2013-2017年)
0.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2013 No.2」2013年7月18日刊

Mpac掲載:2013/12/13