ベーカリーショップ

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年│2014年│2015年2016年
2017年2018年2019年

2014年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2011年××
2012年××××
2013年××××
2014年(見)××××
2015年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2018年)

当該市場は、「アンデルセン」や「サンジェルマン」などがチェーン化に成功し市場成長を遂げていったが、CVSやコーヒーチェーンなどの他業態が焼き立てパンを扱うようになったことで競合が激化し、市場の優位性が薄れていった。
2011年は、東日本大震災後に調理せず食せる点の再評価や、高騰した米の代替品としての需要が高まり実績を伸ばしたが、2012年は前年の反動に加え、上位企業以外では既存店の苦戦によって店舗数の縮小を余儀なくされ、再び市場は前年割れとなった。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ベーカリーショップの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
アンデルセングループ××××
フジパンストアーグループ××××
ヴィ・ド・フランス××××
山崎製パン××××
ドンクグループ××××
ポンパドウルグループ××××
イオンベーカリー××××
レアールパスコベーカリーズ××××
サンジェルマン××××
神戸屋グループ××××
その他××××
合計××100

2014年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ベーカリーショップの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2014年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2014/2013年)
99.1 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2011-2014年)
-1.3 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2011-2018年)
-0.8 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2014-2018年)
-0.4 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2014 No.1」2014年6月19日刊

Mpac掲載:2014/12/19