飲用牛乳

2006年2007年2008年2009年2010年
2011年2012年2013年2014年2015年
2016年2017年2018年│2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

飲用牛乳は、乳等省令で定める牛乳(生乳を加熱殺菌したもの)、成分調整牛乳(生乳から乳脂肪分の一部を除去するか、水分の一部を除去し成分を濃くする等の調整を行ったもの)、低脂肪牛乳(成分調整牛乳のうち乳脂肪分を0.5%以上1.5%以下にしたもの)、無脂肪牛乳(成分調整牛乳のうち乳脂肪分を0.5%未満にしたもの)、加工乳(生乳に脱脂粉乳、クリーム、バター等の乳製品を加えたもの)を対象とする。
2018年は、夏場の猛暑による生産量の減少に加え、北海道胆振東部地震に伴う停電の影響により供給が一時的に滞る事態が生じたことが影響し、市場は大きく減少した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、飲用牛乳の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
明治××××
雪印メグミルク××××
森永乳業××××
タカナシ乳業××××
トモヱ乳業××××
よつ葉乳業××××
協同乳業××××
南日本酪農協同××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、飲用牛乳の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★★★★★★☆
前年比
(2019/2018年)
100.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
-0.9 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2024年)
-0.9 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2024年)
-0.9 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2020年 食品マーケティング便覧 No.6」2020年2月25日刊

Mpac掲載:2021/1/20