地ビール

2006年2007年│2008年│2009年2010年
2011年2012年2013年2014年2015年
2016年2017年2018年

2008年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2005年××
2006年××××
2007年××××
2008年(見)××××
2009年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2013年)

地ビールは、年間最低製造基準が1994年4月より引き下げられたことで中小企業の地域活性化策として全国各地で事業化が図られ、ピーク時には400億円近い市場規模を有したが、ビール離れ、飲酒運転罰則強化、焼酎人気などの要因から、近年は需要が停滞している。
用途別販売額構成比(2007年)は、市販用33%、業務用67%である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、地ビールの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
東日本沢内総合開発××××
御殿場高原ビール××××
ヤッホーブルーイング××××
アレフ××××
協和商事××××
エチゴビール××××
合同酒精××××
宮下酒造××××
その他××××
合計××100

2008年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、地ビールの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2008年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2008/2007年)
101.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2005-2008年)
-0.7 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2005-2013年)
0.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2008-2013年)
1.7 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2009年 食品マーケティング便覧 No.2」2008年10月20日刊

Mpac掲載:2010/3/15