地ビール

2006年│2007年2008年2009年2010年
2011年2012年2013年2014年2015年
2016年2017年2018年

2006年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2003年××
2004年××××
2005年××××
2006年(見)××××
2007年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2011年)

地ビールは、1994年4月に年間の最低製造基準を2,000klから60klに引き下げられたことで、小口醸造の製造免許が取得可能になり、中小企業による地域活性化事業として各地で参入が見られ、本格的に市場が形成された。2003年は焼酎人気に押されてビールの消費量が減少し、地ビールメーカーは撤退や倒産が目立ち、市場は低迷した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、地ビールの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
御殿場高原ビール××××
東日本沢内総合開発××××
アレフ××××
エチゴビール××××
ヤッホーブルーイング××××
オホーツクビール××××
合同酒精××××
宮下酒造××××
その他××××
合計××100

2006年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、地ビールの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2006年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2006/2005年)
89.1 % ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2003-2006年)
-6.2 % ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2003-2011年)
-2.9 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2006-2011年)
-0.9 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2007年 食品マーケティング便覧 No.2」2006年10月17日刊

Mpac掲載:2008/9/15