果実缶詰

2006年2007年2008年2009年2010年
2011年2012年2013年2014年2015年
2016年

2016年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2013年××
2014年××××
2015年××××
2016年(見)××××
2017年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2021年)

果実缶詰は、パイナップルやみかん等の単一のフルーツのシロップ漬け、又は複数のフルーツを合わせたミックスタイプ、更にフルーツと寒天等を合わせたデザートタイプの缶詰を対象とする。
当該商品は、保存性や缶を開けるだけの簡便性の高さが支持され需要を獲得してきたが、様々な生鮮果実が身近で購入出来るようになった他、新鮮なカットフルーツへと需要がシフトしている事もあり、2011年に東日本大震災の発生後に備蓄用として一旦回復したことを除き、市場は縮小傾向にある。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、果実缶詰の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
はごろもフーズ××××
サンヨー堂××××
明治屋××××
ドール××××
加藤産業××××
宝幸××××
国分××××
SSKセールス××××
その他××××
合計××100

2016年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、果実缶詰の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2016年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2016/2015年)
96.8 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2013-2016年)
-3.2 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2013-2021年)
-2.7 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2016-2021年)
-2.4 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2017年 食品マーケティング便覧 No.5」2017年2月20日刊

Mpac掲載:2018/1/19