トマト飲料

2006年2007年2008年2009年2010年
2011年2012年2013年2014年2015年
2016年2017年2018年│2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

トマト飲料は、トマトを破砕して搾汁、又は裏ごしし、皮、種子等を除去した商品と、濃縮トマト(食塩以外のものを加えていないものに限る)を希釈して搾汁の状態に戻した商品、又はこれに食塩を加えた商品、及びトマトのみを野菜原料とした飲料を対象とする。
当該市場は、メディア等でトマトの健康性が取り上げられる毎に市場成長を遂げてきた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、トマト飲料の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
カゴメ××××
伊藤園××××
キッコーマングループ××××
サントリー食品インターナショナル××××
キリンビバレッジ××××
ダイドードリンコ××××
アサヒ飲料××××
ナガノトマト××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、トマト飲料の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
103.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
18.2 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2016-2024年)
7.4 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2024年)
1.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2020年 食品マーケティング便覧 No.6」2020年2月25日刊

Mpac掲載:2021/1/20