メイクアップベース

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年│2014年│2015年2016年
2017年2018年2019年2020年2021年

2014年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2011年××
2012年××××
2013年××××
2014年(見)××××
2015年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2016年)

メイクアップベースは、ファンデーションのつき、のびを良くし、メイクアップの保持や肌色を整えるための下地に使用する化粧料である。
メイクアップベース市場は、BBクリームブームを背景に2009年以降需要が分散する形で低迷が続いていたが、2011年以降“毛穴カバー”“メイクが崩れない”“乾燥を防ぐ”といった機能強化が図られ、ヒット商品も見られたことで再び市場は活況に転じた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、メイクアップベースの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
資生堂(含むインターナショナル)××××
花王 プレステージ化粧品××××
カネボウ化粧品××××
コーセー××××
エフティ資生堂××××
アルビオン××××
資生堂フィティット××××
日本ロレアル ロレアルリュクス事業本部××××
ポーラ××××
カネボウコスメット××××
その他××××
合計××100

2014年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、メイクアップベースの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2014年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2014/2013年)
102.7 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2011-2014年)
5.7 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2011-2016年)
3.5 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2014-2016年)
0.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「化粧品マーケティング要覧 2014 No.3」2014年5月22日刊

Mpac掲載:2014/11/20