機内食

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年│2020年

2020年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

当該市場は、機内食製造会社(ケータリング会社)が国際線、国内線航空会社に対して販売している旅客機で提供される食事、軽食、ドリンク等の他、貨物機で乗務員向けに提供される機内食を対象とする。
当該市場は、国際線の便数や旅客数の増減等の要因に左右されやすい傾向にあり、2013年以降は中国を始め韓国や台湾等アジアを中心に訪日外国人観光客が増加していったことから市場は成長を続けた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、機内食の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ティエフケー××××
コスモ企業××××
エイエイエスケータリング××××
ロイヤルインフライトケイタリング××××
名古屋エアケータリング××××
ANAケータリングサービス××××
ジャルロイヤルケータリング××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、機内食の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2020/2019年)
90.0 % ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
-0.3 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2024年)
0.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2024年)
0.7 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2020 No.1」2020年4月20日刊

Mpac掲載:2021/3/19