山菜加工品

2006年2007年2008年2009年2010年
2011年2012年2013年2014年2015年
2016年│2017年

2017年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2014年××
2015年××××
2016年××××
2017年(見)××××
2018年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

山菜加工品は、わらび、ぜんまい、うど、たらの芽、こごみ等の各種山菜や、きのこ類、たけのこ等の醤油煮、水煮、醤油漬け等の調理加工済みの商品を対象とする。
山菜加工品は、家庭での調理機会減少や若い年代の山菜離れから市販用の実績は減少の一途を辿っており、そば・うどん店等外食向けや、弁当惣菜向け、給食向けの業務用用途に支えられている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、山菜加工品の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
太堀××××
マニハ食品××××
交和物産××××
その他××××
合計××100

2017年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、山菜加工品の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2017年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2017/2016年)
97.1 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2014-2017年)
-2.0 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2014-2022年)
-1.9 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2017-2022年)
-1.9 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2018年 食品マーケティング便覧 No.5」2018年1月30日刊

Mpac掲載:2018/12/20