他の魚介加工品のその他の消費支出

年次|月次日次

2019年2月  ××円/1世帯あたり

品目定義

主として鮮度を保つために一次加工したものも含む。魚介のくん製、酒盗、塩辛、さめ・かれいの白焼、焼かれい、でんぶ、たいの花、すしの花、するめのでんぶ、にこごり、さきいか、なまり節、さば節(生ぶし)、いか数の子、焼うに、ボイルたらこ、からすみ

他の魚介加工品のその他 - 年次推移



※このグラフはサンプルです。
金額前年比金額前年比
1990年××-2005年××××
1991年××××2006年××××
1992年××××2007年××××
1993年××××2008年××××
1994年××××2009年××××
1995年××××2010年××××
1996年××××2011年××××
1997年××××2012年××××
1998年××××2013年××××
1999年××××2014年××××
2000年××××2015年××××
2001年××××2016年2,845-
2002年××××2017年2,82699.3
2003年××××2018年××××
2004年××××

分類の変更履歴


変更前 変更後
1995年 魚介の塩辛
他の魚介加工品のその他
他の魚介加工品のその他
2000年 魚介のくんせい
他の魚介加工品のその他
他の魚介加工品のその他

他の魚介加工品 - 構成比



※このグラフはサンプルです。
2016年比率2017年比率2018年比率
かつお節・削り節8938.4××××××××
魚介の漬物3,12129.4××××××××
魚介のつくだ煮1,28412.1××××××××
魚介の缶詰2,48423.4××××××××
他の魚介加工品のその他2,84526.8××××××××
合計10,627100××××××××

他の魚介加工品のその他 - 世帯主年齢別



※このグラフはサンプルです。
世帯主年齢2016年2017年2018年
29歳以下1,5341,330××
30~39歳1,6801,832××
40~49歳2,2492,236××
50~59歳2,8662,671××
60~69歳3,3683,428××
70歳以上3,2593,213××

他の魚介加工品のその他 - 上位、下位5都市



※このグラフはサンプルです。
2016年2017年2018年
札幌市5,138青森市4,282福岡市××
青森市4,546福岡市4,075札幌市××
盛岡市3,890札幌市3,678青森市××
山形市3,760甲府市3,638盛岡市××
千葉市3,614秋田市3,514甲府市××
全国平均2,845全国平均2,826全国平均××
熊本市1,915山口市1,819大分市××
宮崎市1,907熊本市1,793佐賀市××
鳥取市1,821鹿児島市1,773熊本市××
徳島市1,778松山市1,765那覇市××
那覇市1,568那覇市1,683鹿児島市××

出典:「家計調査結果」(総務省統計局)を加工し作成