カレーショップ(カレーチェーン店)

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年│2013年│2014年2015年2016年
2017年2018年2019年

2013年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2010年××
2011年××××
2012年××××
2013年(見)××××
2014年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2017年)

当該市場は、「CoCo壱番屋」が1978年に一号店を出店して多店舗化を行ったことで市場が形成され、以降、急速にFCチェーン化を進めて大きく成長している。
「CoCo 壱番屋」は、順調に成長を続け既に1,200店を超える規模となっているのに対して、その他のチェーンは新規参入を繰り返すもほとんどが撤退に追い込まれており、2012年もエスビー食品子会社エスビーカレーの王様が事業譲渡を行って大幅に規模を縮小し、現在も2位以下は100店舗に満たない規模である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、カレーショップ(カレーチェーン店)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
壱番屋××××
ゴーゴーシステム××××
チャンピオンカレー××××
曲田商店××××
レストラン京王××××
KGF××××
その他××××
合計××100

2013年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、カレーショップ(カレーチェーン店)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2013年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2013/2012年)
101.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2010-2013年)
2.9 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2010-2017年)
1.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2013-2017年)
0.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2013 No.1」2013年6月19日刊

Mpac掲載:2013/12/13