即席みそ汁

2006年│2007年2008年2009年2010年
2011年2012年2013年2014年2015年
2016年2017年2018年

2006年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2003年××
2004年××××
2005年××××
2006年(見)××××
2007年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2011年)

みそ汁は日本人の食生活に欠かせないメニューであるが、核家族化や有職主婦の増加によって調理の手間が敬遠され、簡便性の高い即席みそ汁の需要が拡大してきた。近年の市場は、インスタントスープ、カップ入りスープなどに需要が奪われ、一方、デフレ経済で特売が増加し、徳用品による低価格化が進行して、厳しい販売環境が続いている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、即席みそ汁の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
永谷園××××
マルコメ××××
ハナマルキ××××
旭松食品××××
宮坂醸造××××
ひかり味噌××××
天野実業××××
その他××××
合計××100

2006年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、即席みそ汁の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2006年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2006/2005年)
101.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2003-2006年)
1.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2003-2011年)
0.9 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2006-2011年)
0.7 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2007年 食品マーケティング便覧 No.2」2006年10月17日刊

Mpac掲載:2008/9/15