合成洗剤

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年│2014年│2015年2016年
2017年2018年2019年

2014年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2011年××
2012年××××
2013年××××
2014年(見)××××
2015年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

合成洗剤市場は、1960~1970年代にかけて洗濯機の普及や合成洗剤の商品数が増え、 市場拡大が進んだ。
合成洗剤市場は商品の使用率がほぼ100%であり、2011年より人口が減少に転じている中で、数量ベースでは微増を維持しており、金額ベースでも、メーカーでは洗浄力の強化やコンパクト化によって店頭価格の維持に努めているため、市場は微増減を繰り返しながらもこの10年間では拡大傾向にある。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、合成洗剤の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
花王××××
ライオン××××
P&Gジャパン××××
NSファーファ・ジャパン××××
日本アムウェイ××××
その他××××
合計××100

2014年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、合成洗剤の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2014年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2014/2013年)
100.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2011-2014年)
0.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2011--年)
- %
予測平均成長率
(2014--年)
- %


出典:富士経済「トイレタリーグッヅマーケティング要覧 2014 No.2」2014年7月29日刊

Mpac掲載:2015/1/20