喫茶店・コーヒー専門店

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年│2018年│2019年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

当該市場は個人経営店が主体であり、かつてはコーヒー需要の中心として隆盛を極めたが、セルフサービス型のコーヒーショップの台頭、CVSカウンターコーヒーやオフィスコーヒー等飲食店以外での淹れ立てコーヒーの販売による低価格コーヒーの需要増による競合の激化、経営者の高齢化や後継者不足を背景に、市場は微減が続いている。
近年では団塊世代のシニア層の市場への回帰がみられ、「コメダ珈琲店」や「星乃珈琲店」等滞在型のチェーンが支持され、店舗数は拡大した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、喫茶店・コーヒー専門店の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
コメダ××××
日本レストランシステム××××
銀座ルノアール××××
ユーシーシーフードサービスシステムズ××××
らんぷ××××
サンマルクグループ××××
東和フードサービス××××
三和実業××××
スイートスタイル××××
支留比亜コーポレーション××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、喫茶店・コーヒー専門店の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★★★★☆
前年比
(2018/2017年)
98.5 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
-1.6 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2022年)
-1.6 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2022年)
-1.6 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2018 No.2」2018年8月27日刊

Mpac掲載:2019/7/19