なめ茸茶漬類

2006年2007年2008年2009年2010年
2011年2012年2013年2014年2015年
2016年

2016年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2013年××
2014年××××
2015年××××
2016年(見)××××
2017年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2021年)

なめ茸茶漬類は、エノキダケを煮て味付けし、びんやパックに充填した商品で、JAS規格で定められている固形分70%以上のなめ茸茶漬けと、固形分70%未満の商品及びミックスタイプのなめ茸商品を対象とする。
2015年は、シェア3位の小松食品が9月1日付で業務を停止し破産手続きを行い市場撤退となったことを受けて、丸善食品工業等上位企業が代替供給したが、廉価商品の補完が間に合わない状況となり、一時的に販売が落ち込んだ。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、なめ茸茶漬類の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
丸善食品工業××××
ナガノトマト××××
三井食品××××
長野興農××××
信濃産業××××
その他××××
合計××100

2016年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、なめ茸茶漬類の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2016年)
××億円 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2016/2015年)
103.0 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2013-2016年)
-0.4 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2013-2021年)
-0.1 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2016-2021年)
0.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2017年 食品マーケティング便覧 No.5」2017年2月20日刊

Mpac掲載:2018/1/19