通信販売(映像ソフト)

2016年2017年2018年│2020年

2020年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

本項は映像DVD、ブルーレイを対象とし、映像配信は対象外とする
映像ソフトは書籍や音楽ソフトと異なり低価格販売が可能であり、価格面で優位性の高い大手EC企業や実店舗を展開する企業に需要が集中する傾向にある。しかしテレビドラマのセット商品や映画のDVDなどは価格訴求力が高く、特典の付加による差別化が進んでいる。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、通信販売(映像ソフト)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
Amazon.co.jp(自社通販分)××××
楽天ブックス××××
ローソンエンタテインメント××××
DMM.com××××
セブンネットショッピング××××
蔦屋書店××××
エーツー××××
オークローンマーケティング××××
ヨドバシカメラ××××
大網××××
その他××××
合計××100

2019年 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、通信販売(映像ソフト)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★★★★★
前年比
(2020/2019年)
109.7 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
12.2 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2017--年)
- %
予測平均成長率
(2020--年)
- %


出典:富士経済「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2020」2020年5月29日刊

Mpac掲載:2021/4/20