グルコサミン

2013年2015年2016年2017年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

グルコサミンは主にカニやエビ等甲殻類の外骨格であるキチン質に多く含まれており、人体内では軟骨成分の合成、水分を維持する役割をもつグリコサミノグリカンの一種である。
食品添加物として扱われるグルコサミン塩酸塩の他、日本では医薬品として分類されるグルコサミン硫酸塩、N‐アセチルグルコサミン等が流通している。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、グルコサミンの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
甲陽ケミカル××××
中原××××
プロテインケミカル××××
焼津水産化学工業××××
協和発酵バイオ××××
扶桑化学工業××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:kg、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、グルコサミンの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
101.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
-2.7 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2025年)
-1.0 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2025年)
-0.3 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「生物由来有用成分・素材市場徹底調査 2019年」2018年11月9日刊

Mpac掲載:2019/10/18