そば・うどん店

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年│2020年

2020年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

そば・うどん業態は、古くから個人経営の単独店によって市場が形成され、チェーン外食が現れるまではすし、FFラーメンと並んで日本の代表的な外食業態のポジションにあったが、その後小規模店舗を中心に経営難や後継者不足による閉店が相次ぎ、店舗数の減少が続いた。
又、当該業態は、そば・うどんメニューを提供するFFやFR等の他業態と競合していることも阻害要因となり、市場は縮小推移を辿った。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、そば・うどん店の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
サガミグループ××××
グルメ杵屋グループ××××
家族亭××××
山田食品産業××××
資さん××××
ウエスト××××
美々卯グループ××××
歌行燈××××
プロスペリティ1××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、そば・うどん店の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★★★★☆
前年比
(2020/2019年)
85.1 % ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
-6.3 % ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2024年)
-1.7 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2024年)
1.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2020 No.2」2020年5月22日刊

Mpac掲載:2021/4/20