中華ファミリーレストラン

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年2020年│2021年

2021年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

中華ファミリーレストランは、一部のドリンク・サラダ・デザートメニュー等を除きテーブルサービスである業態のうち、キッズメニューを設ける等老若男女・家族連れを客層とし、中華料理をメインに提供するレストランを対象とする。
当該市場は、2008年頃より市場全体の8割強を占める「バーミヤン」が不採算店の整理や、業態転換を行った事で縮小傾向となったが、2015年以降は同チェーンが専門性の高いメニューから、ラーメン、餃子等馴染みのあるメニューへと変更した事が寄与し、市場は底堅く推移した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、中華ファミリーレストランの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
すかいらーくレストランツ××××
五味八珍××××
フードリーム××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、中華ファミリーレストランの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
110.2 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
-4.0 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018-2025年)
-0.5 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2021-2025年)
2.2 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2021 No.2」2021年6月10日刊

Mpac掲載:2022/5/20