中華ファミリーレストラン

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年│2014年│2015年2016年
2017年2018年2019年

2014年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2011年××
2012年××××
2013年××××
2014年(見)××××
2015年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2018年)

中華ファミリーレストラン(FR)は、1970年頃から「五味八珍」が多店舗化を進めたことに伴い市場が形成され、その後「バーミヤン」をはじめとする他のチェーンも参入してきたことで市場は拡大していった。
特に「バーミヤン」は、低価格かつ豊富なメニューを武器に多店舗化を進め、2000年代初めにはトップシェアとして市場を牽引する程までに急成長を遂げたが、市場は2000年代半ばになると飽和状態を迎え、上位チェーンにおいても売上の低迷する不採算店舗を閉鎖する動きが本格化していった。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、中華ファミリーレストランの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
すかいらーく「バーミヤン」××××
五味八珍××××
フードリーム××××
ジー・テイスト××××
その他××××
合計××100

2014年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、中華ファミリーレストランの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2014年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2014/2013年)
101.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2011-2014年)
1.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2011-2018年)
1.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2014-2018年)
1.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2014 No.2」2014年7月28日刊

Mpac掲載:2014/12/19