通信販売(インナーウェア)

2016年│2017年

2017年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2014年××
2015年××××
2016年××××
2017年(見)××××
2018年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2019年)

本項は、肌着、下着、靴下、タイツ、レギンス、部屋着、パジャマ、機能性下着(防寒・発熱・保温、涼感訴求、補正、骨盤、ダイエット等)等を対象とする。
当該市場は、ユニクロの「ヒートテック」のヒット以降、アパレルメーカーの他、流通系のPB等でも保温性や通気性を訴求した機能性肌着の商品開発、販売が進み、通販の市場規模が拡大した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、通信販売(インナーウェア)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
スタートトゥデイ××××
ディノス・セシール セシール事業××××
ユニクロ××××
千趣会××××
日本生活協同組合連合会××××
ジュピターショップチャンネル××××
スクロール××××
ベルーナ××××
ニッセンホールディングス××××
テレビショッピング研究所××××
その他××××
合計××100

2017年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、通信販売(インナーウェア)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2017年)
××億円 ★★★★★★★★☆☆
前年比
(2017/2016年)
105.4 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2014-2017年)
6.2 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2014-2019年)
5.8 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2017-2019年)
5.1 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2018」2018年1月22日刊

Mpac掲載:2018/12/20