通信販売(化粧品)

2016年2017年2018年2020年│2021年

2021年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

本項では、スキンケア、メイクアップ、ヘアケア・ヘアメイク、ボディケア、メンズコスメティックス、フレグランスの他、ベビースキンケア等トイレタリー製品の一部も対象とする。
近年はテレビ通販企業もトレンド性の高い商品を積極的に提案することでシェア獲得が進んだ一方で、通販主体に展開してきた企業は、タッチポイントの拡大や2018年頃まで拡大してきたインバウンド需要の獲得を目的に実店舗の販路を強化してきた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、通信販売(化粧品)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ファンケル××××
新日本製薬××××
オルビス××××
ジュピターショップチャンネル××××
資生堂ジャパン××××
再春館製薬所××××
QVCジャパン××××
プレミアアンチエイジング××××
ディーエイチシー××××
ドクターシーラボ××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、通信販売(化粧品)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★★★★★★☆
前年比
(2021/2020年)
103.6 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
3.2 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018--年)
- %
予測平均成長率
(2021--年)
- %


出典:富士経済「通販・e―コマースビジネスの実態と今後 2021」2021年2月19日刊

Mpac掲載:2022/1/14