通信販売(化粧品)

2016年2017年2018年│2020年

2020年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

本項では、スキンケア、メイクアップ、ヘアケア・ヘアメイク、ボディケア、メンズコスメティックス、フレグランスの他、ベビースキンケア等トイレタリー製品の一部も化粧品領域として対象とする。
2018年はシェア上位のオルビスやファンケルが低迷したものの、オールインワンゲルを広く展開する新日本製薬の伸長やヘアケア主体に男性需要の獲得が根強いアンファー、「ワタシプラス」の強化を進める資生堂の伸長により市場は拡大した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、通信販売(化粧品)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
ファンケル××××
オルビス××××
新日本製薬××××
ジュピターショップチャンネル××××
再春館製薬所××××
ディーエイチシー××××
QVCジャパン××××
ドクターシーラボ××××
キューサイ××××
ザ・プロアクティブカンパニー××××
その他××××
合計××100

2019年 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、通信販売(化粧品)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★★★★☆
前年比
(2020/2019年)
101.9 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
2.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2017--年)
- %
予測平均成長率
(2020--年)
- %


出典:富士経済「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2020」2020年5月29日刊

Mpac掲載:2021/4/20