グループウェア、メールサーバー

2011年2012年│2013年│2014年2015年
2016年2017年2018年2019年2020年
2021年

2013年 ××億円(国内市場、年度ベース)

市場規模の推移


販売金額前年比
2010年
2011年
2012年××
2013年(見)××××
2014年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2017年)

グループウェアは、ネットワークを活用した企業や組織内で情報共有を目的とする非同期コミュニケーションシステムである。グループウェアシステムとメールシステムは別システムではあるが、グループウェア製品自体にメールサーバー機能を有するものも多く、本項ではグループウェア市場とメールサーバー市場を併せて対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、グループウェア、メールサーバーの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
日本IBM××××
日本マイクロソフト××××
グーグル(Google)××××
NEC××××
サイボウズ××××
日立製作所××××
NTTPCコミュニケーションズ××××
富士通××××
ミラポイントジャパン××××
サイバーソリューションズ××××
その他××××
合計××100

2013年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、グループウェア、メールサーバーの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2013年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2013/2012年)
117.5 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2010-2013年)
- %
長期平均成長率
(2010-2017年)
- %
予測平均成長率
(2013-2017年)
13.9 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場 2013年版」2013年7月10日刊

Mpac掲載:2014/1/20