洗濯槽クリーナー

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年│2015年│2016年
2017年2018年2019年

2015年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2012年××
2013年××××
2014年××××
2015年(見)××××
2016年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

洗濯槽クリーナーは全自動洗濯機の普及に伴い、洗濯機内の目に見えない汚れやカビに着目し、1990年にニッサン石鹸が「おまかせ洗濯槽クリーナー」を発売したことで市場形成され、エステー化学(現:エステー)やジョンソンが参入したことで市場活性化が進んだ。
当該市場は洗濯槽の見えない汚れやカビ、臭いを除去する商品として、メーカー側の啓発活動が奏功する形で使用ユーザーが増加し市場が拡大傾向にあったが、参入メーカーの増加や小売店側でも価格訴求のPB品をラインナップしたことで単価が下落し、2009年をピークに市場は微減傾向で推移している。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、洗濯槽クリーナーの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ジョンソン××××
エステー××××
P&Gジャパン××××
花王××××
その他××××
合計××100

2015年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、洗濯槽クリーナーの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2015年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2015/2014年)
100.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2012-2015年)
-0.3 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2012--年)
- %
予測平均成長率
(2015--年)
- %


出典:富士経済「トイレタリーグッヅマーケティング要覧 2015 No.2」2015年9月7日刊

Mpac掲載:2016/3/18