洗濯槽クリーナー

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年│2014年│2015年2016年
2017年2018年2019年

2014年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2011年××
2012年××××
2013年××××
2014年(見)××××
2015年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

洗濯槽クリーナー市場は全自動洗濯機の普及に伴い、1990年にニッサン石鹸が商品化したことで市場が形成され、その後、1994年にエステー化学(現:エステー)、1996年にジョンソンなど大手トイレタリーメーカーが参入した。
商品は液体/粉末、塩素系/非塩素系などがあり、メーカーでは継続した広告宣伝によって気づきにくい洗濯槽の汚れやカビの除去の必要性を商品認知の向上と共に取り組んでいる。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、洗濯槽クリーナーの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ジョンソン××××
エステー××××
P&Gジャパン××××
花王××××
その他××××
合計××100

2014年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、洗濯槽クリーナーの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2014年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2014/2013年)
102.5 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2011-2014年)
1.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2011--年)
- %
予測平均成長率
(2014--年)
- %


出典:富士経済「トイレタリーグッヅマーケティング要覧 2014 No.2」2014年7月29日刊

Mpac掲載:2015/1/20