メンズスカルプケア

2013年2014年│2015年│2016年2017年
2018年2019年

2015年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2012年××
2013年××××
2014年××××
2015年(見)××××
2016年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2017年)

本稿では男性用に限定した抜け毛予防や発毛・育毛効果を訴求した育毛剤/育毛トニックと、フケ・かゆみ予防や頭皮を健やかに保つことを訴求したヘアトニックを対象とし、女性用、男女兼用、並びに医薬品は対象外とする。
メンズスカルプケア市場は主力であった3,000円を超える高価格な育毛剤の需要が、一般用医薬品や医療用医薬品の普及・浸透によって低下し、また、同じ機能を訴求したメンズシャンプー・リンスの「スカルプD」(アンファー)のヒットや、需要が拡大する女性用スカルプケアに重点を置いたメーカーの注力度シフトなどを要因に、市場は縮小傾向が続いていた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、メンズスカルプケアの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
花王 プレミアム化粧品××××
資生堂フィティット××××
バスクリン××××
加美乃素本舗××××
ライオン××××
アンファー××××
カネボウコスメット××××
柳屋本店××××
P&Gジャパン××××
ユニリーバ・ジャパン××××
その他××××
合計××100

2015年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、メンズスカルプケアの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2015年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2015/2014年)
100.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2012-2015年)
-0.6 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2012-2017年)
-0.1 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2015-2017年)
0.7 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「化粧品マーケティング要覧 2015 No.2」2015年5月26日刊

Mpac掲載:2015/11/20