女性用スカルプケア

2013年│2014年│2015年2016年2017年
2018年

2014年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2011年××
2012年××××
2013年××××
2014年(見)××××
2015年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2016年)

本稿ではフケ、かゆみを予防し、頭皮を健やかに保つことを目的として抜け毛を予防、養毛効果を訴求した医薬部外品の育毛剤・育毛トニックと、化粧品類も含めたヘアトニック、スカルプケア・育毛エッセンス、ヘアトニック等のうち、女性用と男女兼用の商品を対象とし、医薬品と男性用商品は対象外とする。
2000年代半ばは、通販ルートにおいて「柑気桜」(メディア・プライス)や「リリィジュ」(富士産業)をはじめとしたブランドが新聞広告、折込みチラシ、インフォマーシャル等によって50代以上の女性層の需要開拓を図ったことから2009年までは2桁増の伸びとなった。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、女性用スカルプケアの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
富士産業××××
メディア・プライス××××
バスクリン××××
花王 プレミアム化粧品××××
フォーデイズ××××
ロート製薬××××
柳屋本店××××
エフティ資生堂××××
ユニリーバ・ジャパン××××
ヤマサキ××××
その他××××
合計××100

2014年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、女性用スカルプケアの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2014年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2014/2013年)
105.0 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2011-2014年)
5.7 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2011-2016年)
4.6 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2014-2016年)
2.9 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「化粧品マーケティング要覧 2014 No.2」2014年4月22日刊

Mpac掲載:2014/11/20