コンドロイチン

2005年2008年2010年2011年2013年
2015年2016年2017年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

コンドロイチンはムコ多糖類の一つであり、関節や軟骨等の結合組織、靭帯、皮膚、血管壁、眼球、角膜、粘液、納豆や山芋、オクラ等の粘り成分や、スッポン、フカヒレ、スジ肉等にも含まれている。
主な機能は、関節、靭帯、腱の弾力性向上や保水作用による関節痛の緩和であり、その他、角膜表層の保護、美肌効果等である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、コンドロイチンの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ゼリア商事××××
マルハニチロ××××
日本薬品××××
日本ハム××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:kg、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、コンドロイチンの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
102.0 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
1.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2025年)
1.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2025年)
0.7 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「生物由来有用成分・素材市場徹底調査 2019年」2018年11月9日刊

Mpac掲載:2019/10/18