健康食品(グリーンチャージ)

2009年2010年2011年2012年2013年
2014年2015年2016年2017年2018年
2019年2020年│2021年

2021年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

健康食品(グリーンチャージ)は、野菜摂取の代替品の内、ケールや大麦若葉等の素材からなる青汁、クロレラ、スピルリナ、ミドリムシ(ユーグレナ)等を配合し、複数の栄養成分の補給やバランス維持を目的とした商品を対象とする。
2020年は、外出自粛の影響からCVSや自動販売機等が苦戦したが、健康意識の拡大に伴う栄養摂取需要を取り込み、シェアトップの伊藤園が好調を維持した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、健康食品(グリーンチャージ)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
伊藤園××××
キューサイ××××
ファンケル××××
ユーグレナグループ××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、健康食品(グリーンチャージ)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
92.7 % ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
0.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2018--年)
- %
予測平均成長率
(2021--年)
- %


出典:富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧 2022 No.2 <健康志向食品編>」2021年11月22日刊

Mpac掲載:2022/10/20