天丼・天ぷらチェーン店

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年2018年2019年│2020年

2020年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

天ぷらは元々、職人が何年も経験を積んで技術を習得することで提供される高級メニューであったが、オートフライヤーが開発され、1989年に「てんや」が開業すると低価格で美味しい天丼・天ぷらが食べられると評判となり、急速に売上を伸ばしていった。
2019年は、「天丼てんや」は既存店売上が縮小したことで前年実績を下回ったが、「天麩羅えびのや」と「天ぷら定食まきの」が店舗数を増やし実績が拡大したことが寄与し、市場は拡大した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、天丼・天ぷらチェーン店の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
テンコーポレーション××××
フジオフードシステム××××
サトフードサービス××××
トリドールジャパン××××
グルメ杵屋レストラン××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、天丼・天ぷらチェーン店の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2020/2019年)
101.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
2.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2024年)
1.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2024年)
1.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「外食産業マーケティング便覧 2020 No.1」2020年4月20日刊

Mpac掲載:2021/3/19