通信販売(ベビー・キッズウェア)

2016年2017年2018年│2020年

2020年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

本項は、ベビー・キッズ(12歳以下)をターゲットとしたアウターウェア、インナーウェア、服飾雑貨等を対象とする。
ベビー・キッズは、レディースアパレルとのついで買い需要の獲得が進んできたが、近年はアパレルECサイトにおいてベビー・キッズ商品の取り扱いが増加していることで市場は拡大傾向にある。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、通信販売(ベビー・キッズウェア)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
ヒラキ××××
ユニクロ××××
Amazon.co.jp(自社通販分)××××
ディノス・セシール セシール事業××××
ZOZO××××
フェリシモ××××
千趣会××××
TSIホールディングス××××
ジュピターショップチャンネル××××
ジーユー××××
その他××××
合計××100

2019年 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、通信販売(ベビー・キッズウェア)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2020/2019年)
105.8 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
6.9 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2017--年)
- %
予測平均成長率
(2020--年)
- %


出典:富士経済「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2020」2020年5月29日刊

Mpac掲載:2021/4/20