通信販売(生活雑貨)

2016年│2017年

2017年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2014年××
2015年××××
2016年××××
2017年(見)××××
2018年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2019年)

本項は、食器・鍋等のキッチン雑貨、洗濯用品やタオル・洗剤等のランドリー用品、ホームケア用品等のトイレタリー、サニタリー等を対象とする。
当該市場は、2000年代後半に「Amazon.co.jp」が生活雑貨の取り扱いを開始し、市場の伸び率は拡大し、家電量販店等の実店舗を運営する企業が自社ECサイトを設立すると共に、主力カテゴリー商品と共に生活雑貨を取り扱うことでまとめ買いを促進する動きが活発化した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、通信販売(生活雑貨)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Amazon.co.jp(自社通販分)××××
ジャパネットたかた××××
ベルーナ××××
Rakuten Direct××××
アスクル(LOHACO)××××
千趣会××××
ジュピターショップチャンネル××××
ニッセンホールディングス××××
イトーヨーカ堂××××
オークローンマーケティング××××
その他××××
合計××100

2017年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、通信販売(生活雑貨)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2017年)
××億円 ★★★★★★★★★☆
前年比
(2017/2016年)
110.7 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2014-2017年)
8.6 % ★★★★★★★☆☆☆
長期平均成長率
(2014-2019年)
8.6 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2017-2019年)
8.7 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2018」2018年1月22日刊

Mpac掲載:2018/12/20