通信販売(医薬品)

2016年│2017年

2017年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2014年××
2015年××××
2016年××××
2017年(見)××××
2018年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2019年)

本項は、病気の予防や治療を行う為、薬局・薬店、ドラッグストア等で販売されている医薬品を対象とする。
当該市場は、「爽快ドラッグ」や「ケンコーコム」等医薬品系特化型のECが登場した2000年代に市場が形成、成長してきたが、2009年施行の改正薬事法により第一類、第二類医薬品の通販が原則禁止となり、市場は一時的に縮小した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、通信販売(医薬品)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
富山常備薬グループ××××
Rakuten Direct××××
日本薬師堂××××
再春館製薬所××××
Amazon.co.jp(自社通販分)××××
アスクル(LOHACO)××××
ウエルシア薬局××××
マツモトキヨシ××××
西友××××
イオンリテール××××
その他××××
合計××100

2017年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、通信販売(医薬品)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2017年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2017/2016年)
120.8 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2014-2017年)
23.6 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2014-2019年)
20.5 % ★★★★★★★★☆☆
予測平均成長率
(2017-2019年)
16.0 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士経済「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2018」2018年1月22日刊

Mpac掲載:2018/12/20