映画館・シネマコンプレックス

2007年2010年2012年2014年2016年
2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2020年)

映画館は映写設備と客席を常設し、映画配給会社と上映契約を結び、一定期間、映画を興行する施設である。また、同一施設内で複数の映画を上映できる施設が、シネマコンプレックス(シネコン)である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、映画館・シネマコンプレックスの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
東宝××××
イオンエンターテイメント××××
松竹マルチプレックスシアターズ××××
ローソンHMVエンタテイメント××××
ティ・ジョイ××××
東急レクリエーション××××
東京テアトル××××
佐々木興業××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、映画館・シネマコンプレックスの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
98.3 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
1.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2020年)
-0.5 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2020年)
-3.0 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済ネットワークス「2018年版 サービス産業要覧」2018年8月9日刊

Mpac掲載:2018/11/20