複層ガラス/Low-eガラス

2006年2008年2009年2010年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2017年

2017年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2014年
2015年××
2016年××××
2017年(見)××××
2018年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

複層ガラスは、複数枚のガラスの間にスペーサーと呼ばれる金属部材を用いて中間層を設けたガラス製品で、中間層にアルゴンや乾燥空気を封入したり、中間層を真空状態にして、断熱性能を高めた製品である。
複層ガラスは、戸建住宅、集合住宅ともに採用されているが、特に新築住宅における採用率が高く、一戸あたりの採用面積が大きい戸建住宅の新設住宅着工戸数の影響を受ける。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、複層ガラス/Low-eガラスの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
旭硝子××××
日本板硝子××××
セントラル硝子××××
その他××××
合計××100

2017年 見込 (単位:千m2、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、複層ガラス/Low-eガラスの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2017年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2017/2016年)
100.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2014-2017年)
- %
長期平均成長率
(2014-2022年)
- %
予測平均成長率
(2017-2022年)
0.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2017年版 住設建材マーケティング便覧」2017年3月30日刊

Mpac掲載:2018/3/20