自動車用芳香・消臭剤

2006年2015年2016年2017年2018年
2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 -(-年)

自動車用芳香・消臭剤は、自動車内の煙草臭等の消臭や香り付けを行う製品を対象とする。
当該製品は、市場形成当初は強い香りによるマスキングを訴求した芳香剤が中心となっていたが、無香タイプや消臭効果を主訴求とした商品の投入が活発となり、香調面でも日本人の嗜好に合った香りの開発が進んだ。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、自動車用芳香・消臭剤の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
P&Gジャパン××××
カーメイト××××
エステー××××
小林製薬××××
晴香堂(旧:オカモト産業)××××
栄光社××××
ダイヤケミカル××××
武蔵ホルト××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、自動車用芳香・消臭剤の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
101.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
0.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2016--年)
- %
予測平均成長率
(2019--年)
- %


出典:富士経済「トイレタリーグッヅマーケティング要覧 2019 No.1」2019年7月30日刊

Mpac掲載:2020/6/19